USD/JPY(ドル円)来週の展望 2015/1/12~

ドル円4時間足のハーモニックパターンダブルトップから、116円近くまでの下落を見立ててきたところですが、雇用統計前の1.9円の踏み上げもなんのその、米ドル円にしては珍しく、AB=CDパターンによって、綺麗にトレンド反転。
その形状は、【AB=CD101% 、3pips差】というピンポイントなり。

 

AB=CDパターンからの反転により、陽性確認!!ではなく、ポイントとした120円を超えられなかったのを確認。
引き続き、116円以下への下落を狙う。

昨年からの流れで、強く下落すると、必ず強い買戻しがある米ドル円になれきってしまうと、ほとんどの評論家のように、「下げたら押し目買い」を当たり前と思ってしまうが、これは危険。

まぁ、最終的には125~135円を目指すとしても、5~10円の下落だろうが「下げたら押し目買い」という、馬鹿の一つ覚えは危うい。

 

直近で狙うターゲットは、4時間足のthe Bat(コウモリ)パターンから、

下降ターゲット
AB161.8%  117.56
BC161.8%  117.26

ストップ
120.0 (1/8の高値119.95より少し上 に置く。

 

USD/JPY 4h
4h1

 

下落トレンド狙いが、1/8の高値119.95を超えで失敗に終わっても、同時に作られる、新しい、買いのハーモニックパターンが出来上がるだけなので、単純に上昇目線に変えるだけの話。

USD/JPY 4h
4h2

 

経験と知識を積み重ねるほどに、手法は削ぎ落とされていく。

シンプルな手法のメリットとして、
シンプルイズベストであるからこそ、ターゲットも、ストップも明確になるので、「上げすぎだからそろそろ下げるだろう。」「下げたから、絶好の押し目ポイント」「119円は、年金買いで支えられているはずだ。」と、感覚的な裁量に頼らないで済む。

シンプルイズベスト=

・不必要な要素を、極力排除する
・本質的な要素だけを見極める

を、履き違えると、「ただ、削ぎ落とす = 合理主義」になってしまいます。

 

言うなれば、何が重要で本質的かどうかという、一番核となる部分自体が、人それぞれ、裁量判断では、元も子も無いっつぅわけですな。


例えば、

■Miscrosoft、ビル・ゲイツにとって、コンピューターに「無駄」なものは、「デザイン、形状、カラーリング、ユーザービリティー」となり、コンピュータのことしか考えていないからこそ、こういう視野の狭い発想しかできない。
対して、スティーヴ・ジョブズは、コンピューターは、あくまでも将来的には万人が使うツールになるのは当然のこととして、そのツールがどのように使われるべきかというビジョンがあった。

 

■競馬で言えば、「タイム理論」こそ、一番、理にかなっていない手法だと考えている。
そもそも、競馬は早い馬が勝つゲームでは無いので、ハンデ戦や条件 、賞金体系が分かれているわけですが、過去のデータにカーブフィッティングした「独自な係数」を弾き出す行為は、果たしてそんなもの本質だろうか。
「近親相姦、キムチ、DNA、精神障害」の因果関係のほうがよっぽと科学的に立証できるだろう。

 

■左翼弁護士は、どんな凶悪な犯罪者にも人権があるという。
対して、普通の感覚なら、大量殺戮を犯しているキチガイが銃をぶっぱなして暴れていたら、取り押さえてブチ殺せ。という。

かのように、何が重要で本質的であるかの判断そのものが、偏向した思想よって、人それぞれ千差万別。「世界にたった一つだけの花」なのだ。

生きていくうえで、「無駄」「遊び」は必要。
しかし、合理主義をつきつめて格好つけたふりをする、理系人間は、その「無駄」を排除するから、おかしな発想になる。
これは小生の思想なので、これを別の者から見れば、偏向して頭がおかしいのはお前だよ。ということになる。それでいい。
「俺様こそが正しい。考えの違う奴は、改宗しろ。」と、銃を突きつけて、非合法的手段を用いてでも主張するのは、創価学会の折伏、イスラム国だけで十分だ。

 

バランス感覚は大事であるも、一方「多角的な思想」は、下手をすると、ただの「大衆的思想」に行き着くだけというパラドックス。

 

いい例として、某サイトのトレードコンテストで、先月の雇用統計てでは、全員がそろそろ下げるだろうと予想して全員外れ。今月の雇用統計は、ほとんどが120円をのせるだろうと予想して外れ。
まぁ、人のことを笑える成績ではないが、大衆思想ほど怖くて危ういものはない。

メディア、弁護士、阿呆どもがさかんにキャンペーンする、「日本が右傾化、軍国主義化しいる」という思想こそが、危ない大衆思想であり、

・ヒトラーのチョビ髭をつけて反日ソングを歌う桑田啓祐や、そのファンども。
・お笑い芸人だか何だか知らねぇが、特定の政治家のみを、風刺でも何でもなく、ただの無知で馬鹿の揶揄にしかなっていない、太田光

今さらだが、創価学会が作り上げた、そういう芸能界、メディア、法曹界のほうがよっぽど狂っている。
そして、かの昔の小生のごとく、頭が悪くて、貧乏な若者ほど、共産主義に傾倒する。それが資本論だ。
ミュージシャンは音楽だけやってろ、お笑い芸人はお笑いだけやってろ。
政治的発言すんな。
春香クリスティーヌとかいう、ハーフ処女馬鹿タレント、おまえも政治的発言すんな。
叩き殺されたいのだろうか。