the Bat(コウモリ)パターンパーフェクト稼動。

水星逆行期間突入の昨日の動きは、推理通りにthe Bat(コウモリ)パターンを作りに行き、「雇用統計発表前に、102.41~72まで到達」という想定通りの動きとなりました。

雇用統計発表直前に前102.46まで上昇後、1円の下落。
これは先月の動きと酷似していました。
先月と同じくして、雇用統計発表前に無理上げで上昇ターゲットに到達し、利食い→発表後下落というパターン。

先月と全く同じくして、ここで欲張ってロングを持ち続けたらやられるパターンなので、
欲より、1時間足の161.8%到達(the Bat(コウモリ)パターン完成)のほうを重視し、利食い。

その後のリバーサルは、雇用統計発表前の高値102.46をも超える行って来いとなることまでは想定せずも、高見の見物。

ノーポジションでこの動きを眺むるのは実に楽しい。

さて、現在は、下へのリバーサルがどこまでかというところで、1時間足を見ていきます。

Bat(コウモリ)パターンが、これ以上エクスパンションしないなら、CD波の38.2%リトレースメント101.89円までの下落を見立てます。
これは、あくまでも短期スパンでのターゲットなので、来週の推測はあらためて週末にでもしたためてみたいと思います。

 

ドル円1時間足
1h

一瞬の勝利に調子に乗るとロクなことは無いので、きちんと推理が逆行した場合のターゲットも明確化しておきます。

現在の高値102.56を上抜け、まだ上げてくる場合は、昨日書いた、
4時間足Bat(コウモリ)パターンの、BC波161.8%  102.72円を目指すことになるのでしょう。

 

今回も、ハーモニックパターン、フィボナッチの神秘を見せつけられましたが、ハーモニックパターンの魅力は、オシレーター系のツールとは異なる、ダイレクトなプライスアクションでしょう。

チャートとは、「市場心理の集大成=ファンダメンタルは常に実価格と同じとは限らない。」
そして、その値のほとんどは、「フィボナッチに集約する=チャートは、基本的にフィボナッチ比率の幾何学三角形の集まりである。」
と改めて感じるのであります。

 小保方晴子女史のように、馬鹿と罵られようが決して諦めない。

さて、その昔、競馬予想を生業にしていた小生ですが、
当時、同業者にパクられたり、逆にパクっただの、足の引っ張りあいの世界だったわけです。
面白かったのは、当時の小生の会員から、完全に小生の会員向けの内容を盗作して荒稼ぎしている関西の業者がいるという密告。
某有名化粧品会社の社長と仲良しらしく、その社員数百人全員に毎月2万を払わせているとか。えぇ、それだけで月1000万かよ。

この世界、藁にもすがる会員たちの多くは、多額の金を費やして色々な予想家の会員になっているのが常なので、誰がどんな理論で、どんな推理をしているかは筒抜け状態なのです。

件(くだん)の関西の予想業者の資料を見せてもらったところ、明らかに自分の理論を、ほぼそのまま資料ごとコピーしての盗作だったので、直接クレームを入れることに。
「あんたところの予想理論、すごいね。」と皮肉を言いつつ攻め立てていくと、相手は激高して、「ふざけんな、俺はな、○○さん(小生の本名)の本で勉強してんだ。」

と言い放ったので、「あぁ、そう。それ、俺なんだけど。」

と漫画のようなやり取りがあって、逆に3時間レクチャーしてあげるなんてこともありました。
もっと酷い奴は、当時、競馬新聞は、関東圏は関東エリア、関西は関西エリアの競馬新聞しか入手できなかった時代なので、
JRA-VANという競馬データをもとに、即日プログラムでデータベース化して、全国の人が全エリアの出馬表を出力するFAXサービスも会員へのサービスで行っていたのですが、会員が、これをそのままパクって予想業者を開き、金儲けしていたこともありました。

あとは、小生の書籍にいちゃもんをつけ、「これは俺の考えの盗作だから、印税の支払いを差し止めろ」と出版社に圧力をかけた馬鹿とか。
例えるなら、「フィボナッチは俺が見つけた法則だから、これを書く奴はみんな俺の盗作だ。」とわめいているようなものです。
同じようなものとしては、「これ以上、核心を書いたら殺すぞ」とか。

いやいや、「核心じゃないし、普通の頭を持ちて検証したら誰でも行き着く答えだから、この世界で自分だけが発見したとかうぬぼれんなボケ。」と。

それに比べ、ただ無料のブログを気ままに書きなぐってるだけの今は、本当に楽チン。
競馬予想では、何百人が命の次に大事な金を払って、己の予想を聞くというプレッシャーにあり、小生の師匠筋にあたる人は、その世界では著名人でしたが、首をくくった者、破産して家を手放し家族離散した者の話をたくさん聞いていたので。

しかし、小生がその業界にいた時代は、嘘だろというくらいに、クレームひとつなく、予想を外しても頑張ってください。という意見ばかり。
勿論、予想を参考にしてくれて、かつ自分の推理とも合致していたという理由で、マイホームの資金を稼いだ強者もあり。
最初に予想会社を立ち上げた時に、大晦日まで毎日、無言電話、恫喝の電話が鳴りやまなかったくらいだ。
中には、毎日のように電話をかけてきて、俺の予想を聞いていくれといっていた奴が、ある日突然、「おい、お前。俺様の予想をタダで聞いてきたのだから、金払え」と言ってきた奴。

自称専業プロの彼なのだが、政治家のSPをしていた時代に負傷し障害を患っており働くことはできず、頭脳だけ勝負の競馬で生計を立てている奴だった。
詳しく話を聞いたところ、「実は今月の家賃を払えません。」という話。

なかなか筋の言い奴で、可愛そうだったので、とりあえず10万振り込んでやり、そいつには小生の愛弟子というキャラをつけやり、予想家にしてやったこともあります。

 

しかし、研究すればするほど勝てないのは、為替も競馬もしかりだなぁ。

 

そんな今宵の本日のBGM

eastern youth 「雨に抗う」