2015/4/8 【テクニカル分析】USD/JPY(ドル円)

前回の記事でしたたためたシナリオ。

「ユーロ円、ユーロドルのハーモニックパターン形成」はならずに、逆にドル円がハーモニックパターンを作りに行きそうな形になってきました。
そうなると、前回の記事で一瞬疑ってみた説が失敗で、セオリー通りに118.80円近辺からの反発を狙う戦略でよかったわけですが、3/31の高値である120.35円を上抜けると、the Gartley(ガートレー)パターン、あるいはバタフライ(蝶)パターンを形成することになり、ここからの上昇ターゲットは、120.56円~120.79円。


逆に、今度は、ハーモニックパターンを作りにいくと見せているドル円が、3/31の高値である120.35円に届かぬ場合、再度、ユーロにハーモニックパターンの可能性が復活。

これらから、ドル円が、120.35円を抜けられるかどうかに注目。

USD/JPY 4h
uj1

ただ、中期では、スリードライブスパターンを作りに行き、安値を更新しにいくとみられる戦略からは、上がりきったところで、戻り売りのタイミングを見極めたい。


EUT/JPY 4h
ej