2015/4/2 【テクニカル分析】USD/JPY(ドル円)

ドル円を短い足(1時間足)で見ていくと、119.40円を割れると、下記のようなダブルトップに近いハーモニックパターンを形成することになるので、その場合の反転予測ゾーンは、118.85円~119.29円


USD/JPY 1h
uj1

特に119.29円は、4時間足チャネルラインの下限近くでもあり、一目均衡表の雲下限のポイントてもあり、明日から週末、雇用統計にかけては、上昇のイメージ。

 

対して、その上昇シナリオが崩れる場合は、118.85円を明確に割れる場合なので、そこをストップに出来るだけ下にひきつけてのロングエントリーのタイミングを待ちたい。

しかし、118.30~121.30円のレンジでしばらく推移するなら退屈なので、それなら、ユーロ円で124円台を待つほうが刺激的だ。

 

USD/JPY 4h
uj2