2015/3/30 【テクニカル分析】USD/JPY(ドル円)

ドル円は先週、118.32円まで下落していますが、
これは4時間足AB=CDパターンの波動で見ると、ほぼ100%ジャストの調整であり、そこから下髭をつけて反発しています。

先週まで、上昇の勢いは弱いものの、CD38.2%リバーサルの119.72円はつける上昇の場面はあるのではないか。


USD/JPY 4h
uj1


日足ベースで見ても、先週の安値118.32円は、1月の安値115円を基点とした61.8%リバーサルのポイントでもあり、3月で調整は終わり、4月以降、上昇の局面となっていくのかを見極めたい。

ただ、AB波動が、38営業日かけて形成している時間軸からも、一途トレンドでの上昇ではなく、時間をかけて上下動しながら120円前後をキープしていくのではないかというイメージ。

USD/JPY 1Day
uj2