2015/3/23~ 【テクニカル分析】USD/JPY(ドル円) EUR/JPY(ユーロ円)

ドル、ユーとも、ボラリティが高くなっていますが、目先の動きに振り回されずして、方向性は変わらずユーロ売り、ドル買い。

トレードスタイルが、デイトレードかスイングトレードかで取るべき戦略は変わるので、短期の目先の動きを推測するなら、ドル円1時間足、直近高値から安値の61.8%(120.0円ジャスト)を、ローソク足の終値では明確に下抜けできずに週末をクローズしています。
現在ローソク足10本連続で3*3DMAを下抜けて、スラストを形成中なので、120円をサポートに、ここから3*3DMAにタッチして若干の上昇というイメージ。、


USD/JPY 1h
uj1


ユーロ円は、日足で形成していたスラストは、すでに3*3DMAを上抜けし、「シングル・ペネトレーション」により、38.2%のリバーサルをしています。
今週は、50%近くまでリバーサルはしているものの、38.2%130.06円を、ローソク足の終値では明確に上抜けできていないので、上下動を繰り返しながらも、下落トレンドに収束していくのではないかと見立てます。

目先での動きでは、130.06円を明確に上抜けるは、短期での上昇もあるだろうから、できるだけ上でひきつけてエントリータイミングを探す。


EUR/JPY 1Day
ej1