2015/3/13 【テクニカル分析】EUR/JPY(ユーロ円)

ユーロ円は、中期ターゲットであった、月足AB=CDパターン後の38.2%リトレースメントの128.50円へ到達。

128円割れからは、鯛焼きのしっぽは食わず、押し目待ちの高みの見物なり。
本日時点で、128.96円までリバーサルも、4時間足AB=CDパターン38.2%の129.23円超えまではひきつけて、押し目を待ちたい。

ユーロドルは、一足先に、38.2%リバーサルをしていますが、ローソク足実体では38.2%を超えずに揉みあい、再下落の様相を呈していることもあり、ユーロ円も同じ形をイメージす。ドル円も上値が重い状態が続くのであればなお良し。

EUR/JPY 1Month
ej1

EUR/JPY 4h
ej2


ユーロ円、ユーロドル売りだけで、小額レバ100倍口座でも、数日で複利800%のパフォーマンスというセリングクライマックス。
爆益の者多しと察するが、それを横目に、ユーロは、鯛焼きのしっぽまで食らわばという勢いで、さらに突っ込みショートをしたくなる欲求をコントロールしながら、だまって押し目のタイミングを推し量る。

EUR/USD 4h
eu