2015/3/10 【テクニカル分析】USD/JPY(ドル円)

昨年の12月高値121.84円を基点とした、ドル円のトライアングル波は、先週末にブレイクアウト。

されど、ここから、止められないハイパーインフレが始まるとは思わぬし、「斜面で止まっていた岩石を押して転がすと加速して止められ なくなり、すごい速さで転がり斜面の下の住民を押し潰してしまう」というハイパーインフレ岩石理論で、日本をぶっ潰すことしか念頭にない、人種の願望は、あくまでも願望だ。
ターゲットの設定された先進国の金融緩和は、ハイパーインフレにはなったことがないともされる。

 

犯罪者の影に弁護士あり。ニヤリ。

 

さて、
ドル円が、ここから続伸する場合のシナリオを、短い足で見ていきます。
38.2%リトレースメントを、相変わらずローソク足の実体では割り込んでおらず、強気相場。
1時間足では、まず、AB=CDパターンと、バタフライパターンから、フィボナッチポイントが接近する、121.43~121.50がターゲットか。

AB=CD61.8%   121.50
BC127%         121.43

 

USD/JPy   1Day
uj1

 

USD/JPy   1h

uj2

 

 

 

uj3