2015/2/9~ 【来週の展望】USD/JPY(ドル円)  EUR/JPY(ユーロ円)

【ドル円】

強い雇用統計により上昇したドル円ですが、この上昇により、日足ではトライアングルの可能性が高くなってきたのでは。
昨年のように、トライアングルになるなら、このまま上昇一途ではなく、再度トライアングル下辺を試してからの上方プレイクという一つのシナリオが立ちます。
それは同時に、116円台が当面の底値になるのではということになるが。

USD/JPY 1day
uj1

雇用統計での上昇により、リアルタイムでthe Gartley(ガートレー)パターンが形成されました。
XB、ACのスイングも61.8%という綺麗な形であり、今週末が、日足の雲下限で止まったところでクローズしているものの、the Gartley(ガートレー)パターンからは、もう少し上昇してから、反落、あるいは押し目になるのではないか。

上昇ターゲット

BC127% 119.38
BC161.8% 120.07
AB=CD100% 119,87

 

特に、AB=CDパターンのターゲットからもポイントの近い、119,87~120.07くらいまでの上昇を見る。

USD/JPY 4h
uj4

 

【ユーロ円】

対して、ユーロドルは下落中であるも、ドル円とユーロドルの合成通貨であるが故に、はさまれたユーロ円は神経質な値動きとなっています。

今週も、スイス中銀のユーロ介入観測により、133円前半まで下落すると、いくら下げても全戻しされるという荒い動きであるも、引き続き、1スイングを慎重にいくので、短期で1時間足以下の足を特に注視しながらになっています。

何度か止められている133円前半を再度突破できず再度下落する可能性が高いので、1時間足で形成中のハーモニックパターンからの下降ターゲットは、

BC127% 133.69
BC161.8% 133.28

 

EUR/JPY 1h
ej1