2015/2/27 【テクニカル分析】EUR/JPY(ユーロ円)

Funny Money

Creative Commons License Frank Boston (bostonsphotos) via Compfight

 

【ユーロ円】

先週しつこく示唆していたように、結局、ユーロ円は先週末のギリシア支援合意前の水準133円ミドルへ戻しています。
4時間下降チャネルライン内での推移なので、132円ミドルまでの下落を望みつつ、あわせてユーロドルのチャートにも注目したい。

ユーロドルの4時間足バタフライパターンは、BC161.8%の1.116ドルまで、あと100pips程度であり、ユーロ円の下落ターゲットの100pipsとも合致しているので、ユーロは、あと1円下げるという前提で責めるのもあり。
当然、自己責任、推理が外れても文句は無しだ。


EUR/JPY 4h
ej4


EUR/USD 4h
eu4


ドル円は、よぅ分からぬので、無理に推理を立てることはしない。
どちらにせよ、日経平均高値更新でも、すぐ様、上へブレイクというイメージに在らずして、無理に参加する義務も無い。
評論を生業とする者は、毎日のように、ただ、フィボナッチラインを引いて、「あぁ、悩ましい」と呪文のように唱えるばかりで、太宰治か、と突っ込みたくなるほど苦悩するだけで、銭を貰える職業だが、そういう、「私の失恋経験を歌にしました。聞いてください。」という、糞アーチストもどきと、それを信奉する「糞ガール」の、気持ち悪い、傷の舐めあいとつるみ方は、国連と彼らに任せておけぱいい。

 

いい加減、テレビメディアと、弁護士連中の詭弁には、もう退屈すぎてうんざりだろう。