2014/11/27【テクニカル分析】USD/JPY/JPY(ドル円) 浜崎あゆみと韓流ブームの符号

ドル円は、10/17以来27営業日あまりの長いスラストを経て、ようやく3*3EMAを割り込みました。
ディナポリの「シングル・ぺネトレーション」のセオリーでは、ここから、38.2%近くの調整により114円後半への下落も想定せねばならぬところですが、この政局なので、「シングル・ぺネトレーション」とおぼしき調整が確かに発生したと見極められたなら、そこで押し目を拾うほうがリスクが少ないのではないか。

1時間足では、レクタングルのAB=CDパターンを形成し、本日の高値1117.87円を頂点とした短期での売りサインも発生しています。

USD/JPY 1h シングル・ぺネトレーション
ujd

USD/JPY 1h レクタングルAB=CDパターン
uj1

さて、最近注目の仕事術、ビジネスにおいて、論理的思考や分析的思考が「垂直思考」と言われるのに対し、規制の理論や概念にとらわれずアイデアを生み出す方法が「水平思考」と言われているようです。

 

水平思考とは?

イギリスの E =デボノが唱えた創造的思考法。問題解決に当たって,あらかじめ設定された既成の枠組みに従って考えること(垂直思考)を離れ,さまざまな角度から自由に思考をめぐらして解決の手がかりをつかむこと。

 

ダダイストの小生からすれば、今さらそんな思考が注目されるとは、今まで、どんだけ大衆が、「理系で高学歴というだけの、ただの馬鹿を崇めていたかということの裏返しではいか。

既成概念に疑問を呈し、既成概念の枠を破壊・再構築したところからこそ、新しい創造が産み出される。(危険が危ない。)というのは、んなこと、キチガイの嗜みとして、日ごと訴えてきたが、論理を積み重ねるだけで偉いと勘違いしている人間のあまりの酷さが、こういう風潮を注目させる一端となっているのだろう。

「枯れた技術の水平思考」というのは、過去のありふれた技術を再考し、再構築するような概念だと思うが、ウェヴの世界もこれが当てはまり、古い技術を進化させたものがトレンドとして使われたりする。
あるいは、自己プロデュースが下手糞なアーチスト、技術者の優秀な作品に注目し、それをビジネスとして具現化する。
スティーヴ・ジョブズは、これの天才だろう。

しかし、音楽で言うこれは、ただのネタ切れ、パクリがほとんどではないか。
この15年のJ-POPが見せてくれたものは、CDが売れなくなる時代のタームチェンジにより、

「女子中学生にしか受けいれられない、中学校の学祭レベルの糞ミュージャンが音楽で飯を食える。」
「平和運動、反政府運動で、歌で思いを伝えたい(笑)というファンタジーメルヘンバンドマンが福島でツアー」

が、より顕著になるであろう。
何度も言うが、アジアン、ボーカルがの後藤とかいうガキが、頭悪い故に反日で短足なゼネレーション(アジアンカンフージェネレーション)とかいう糞ミュージシャンは、俺の半径1km以内に足踏み入れるなよ、この野郎。札幌に足踏み入れるな。

思うに、個人的な感慨として、「男が考えるいい女」と、「女から見るいい女」の価値観が完全に一致しなくなったのは、まさに15年前の浜崎あゆみ登場以前以降の時代だと思っている。
浜崎あゆみに男性ファンがいるとすれば、そいつは脳に障害があるからそれはエラーのDNAデータとして扱え。
この流れは、韓国政府の主導で行われている韓国大衆文化コンテンツの拡販政策(韓流ブーム)と足並みを揃えているとさえ見える。

浜崎あゆみの整形顔がかわいいと言われだした時期と、韓流ブームが同時期に始まっているのは偶然ではない。
まぁ、こういうことが「垂直思想」では分からないってことでしょう。

牛丼価格戦争で、10円、20円の違いで戦ってきた連中のターゲットは、やれ10円、20円安にこだわってきたくせして、600円以上も出して「すき鍋定食」を食らっている連中だ。
それは、「音楽性」なんて糞にも金にもならない奴は使い捨てよ、馬鹿な女子中学生に売れればよし。という、風潮に似ている。

それでも西野カナが人気なのは、まだ救いようがあるかもしれない。
小生は40過ぎのおっさんだが、西野カナの、幼き頃からの民謡歴に裏打ちされているらしき歌唱力、ロボット音感は好きだ。
(SMAPの音痴の大合唱を聴がテレビで流れただけで、何度もテレビを破壊しそうになるからな。)

勿論、こんな頭悪そうな発言で、「これぞ、水平思考!」「古館伊知郎、無間地獄に堕ちろ」と言うつもりは毛頭ない。
浜崎あゆみが、aikoが、紅白落選の恨みつらみを、気持ち悪いほど、糞女っぽく未練たらたら嘆く、その反吐が出る、くだらないゴシップニュースにも余裕で反応してあげ、
時代の区切りだとよと諭してあげれば、他称、歌姫らしい(笑)、彼女たちも、しつこく、紅白落選のツイートを、綺麗ごとで彩った言葉でツイートすることもなくなることを望んで。ご愁傷様でした。
アーメン。シャブ抜きはきちんとやれよ。

 

Darling / 西野カナ MUSIC FAIR 2014.08.30