2014/11/25【テクニカル分析】USD/JPY/JPY(ドル円)

強いトレンド時の、AB=CDパターンの強気拡張パターンで、AB=CD161.8%の119.45円前後へ向けて、大きく崩れも上離れもせずに、ABラインを形成した時間軸と同じ程度の時間を費やし、12月中旬、解散総選挙の時期に到達するのではないか。

反転ゾーンと見立てた「118.56~120.28円」は、119円を前にこつんと小反発するも、大きな調整が入るとすれば、もう少し上昇してからでというイメージ。

USD/JPY 1Day
uj1

一寸先の未来しすら予想できないというのに、人間ごときが未来を予知しようとする行為は、神を冒涜する予想する愚かな行為と言われる。
トレードでも、予想するからダメなんだよと説く人もおられる。
さりとて、現実の戦場では、シナリオ、戦略無きまま、戦場で方向感もなく銃を撃ちまくった挙句、玉砕するのが最善の戦略であるわけがない。

イメージすることシナリオを描くことが間違いなのではなく、偏向した思想を変えられないことこそが間違いであるはずだ。別にこれは左翼を皮肉っているわけではない。

なぜなら、連中は想像力抜群だからなぁ。
自衛隊があるから戦争が起きるだの、軍靴の音に日々怯え、君が代強制は「思想及び良心の自由の侵害」とであると言う。
これを想像力抜群と言わずして何と言うのだろう。
日々妄想。女子中学生か。


さて、こちらは分かりやすい。
強いドルに対して、ユーロドルは、Three Drivesパターンでさらなる下落の様相。
Three Drivesパターンからの下降ターゲットは、4時間足で127.2%~161.8%エクスパンション1.2210~1,2293ドルまで。


EUR/USD 1Day
eu1d

EUR/USD 4h
eu4


小生の敬愛するアーチストに、3年前に他界した、京都のテクノアーチスト、レイ・ハラカミ氏がいますが、彼の晩年まで使用していた音楽機材はと言えば、それはそれは古い機材を何10年も変えずに使い倒してきたことで知られています。
ギターならまだしも、テクノの世界では、新しい音源、機材が日々進化する中、彼の使っていた機材は、小生も使用していた、
当時はシェアも多くはなく、その後、ギブソン社に買収されてその後消滅するVisionというシーケンサーでした。

ツールを使い倒し、磨き倒す。
重要なのは、ツール(思想)に振りまわされるのではなく、自分の意思でツール(思想)を取捨選択するということ。
今でも、日々新しいものに目が無く移ろうばかりの小生にとっては、彼のスタイルこそが理想の生き様。

小生は、左翼のような突飛な発想力は持ち合わせておらんので、パターン認識というルールのもと、いわば、仕手、テロリストだらけの中で、唯一手に入れた 、錆びてすらいないオモチャのナイフを日夜磨くしかない。
そこに行動経済学などの、高尚でこ難しいロジックは無い。

 

rei harakami – robe @ TAICOCLUB ’08

http://youtu.be/zWXmyzCZs58?list=LL_Pmp8urscMcF1XNyLb-YMw