雇用統計前夜、ドル円120円達成と、反落のタイミングを見極めるとき。

今から2ヶ月前、10月の初頭に「ドル円は120円を目指すだろう。」と、したためた投稿が、
本日の120円超えで、早くも成就しました。

また、3ヶ月前、9月中旬に書いた「2014/9月のドル円とエリオット波動」で書いた、エリオット波動論者のこき下ろしが現実となりました。

 

2014/1/3の高値を持って推進5波は終了し、そこからは調整波で90円台へ突入するというのが、エリオット波動論者のコンセンサスだったと思います。
しかし、現実には、4/4の高値104.11円すら超え、a-b-cの3波で構成されるべき下降調整波が崩れました。
しかし、ただ「ダマシ」という曖昧な口上ではなく、失敗も定義づけていることは非常に評価できると思うのですが、セオリー通り、90円割れを待っていたエリオット波動論だけを武器とする者にとっては、「フェイラーで、フラット波を形成した。=しかし、6~7円近く踏み上げられた」という、「理論は正しかった=しかし、負けた」という事実だけが虚しく遠吠えと響きます。

エリオットの神様(笑)らしい、宮田さんところの見解を見てみれば、やっぱりね・・・というべきか、

「フラット波を形成しているので、今後は10円近くの調整下落があるだろう。」と見立てられています。

 

10月には、当時はまだ109円後半時にも、「エリオット波動論者は、10円レベルの大きな調整を望んでいるのだろうが、人為的、政府の操作にはフィボナッチは通用しないだろう。」
と書きました。

 

ドル円が120円を目指す決定的な理由
来年には120円に乗るのだろう。
理論が破綻したくない、フェイラーでは済ませたくない、テクニカル論者は、10円レベルの大きな調整を望んでいるのだろうが、人為的、政府の操作にはフィボナッチは通用しないだろう。

ただ、異なったのは、

・来年に120円到達
・消費税は増税される

という点が外れていますが。
もっと言えば、その理由は、フィボナッチでも何でもなく、「マイルドヤンキーは頭が悪いから消費税が10%になったら、計算しやすくなるので経済消費するようになる。」という、超右斜め上の論理からでした。

 

これでもも10年前からエリオット波動論をかじっているので、

素人の特権で、識者、エリオット波動論者をこき下ろしましたが、危惧していた通り、

 

「エリオット波動はありまぁーす。
しかし、エリオット波動は不成立だった。しかし20円もって行かれた。

 haruko1

という、論者にとっては、残念な結果になってしまいました。

 

自分は、

 

・とにかく買っていれば上げ上げだった、ライブドアショック前夜の新興株や、

・とにかくショートさえしていれば爆益で、3日で15円下落したのユーロ危機

 

のどちらも体験しているので、
徹底的に解析、精査しまくった。でも参戦するのは馬連も三連単も買わず、無駄弾を極力減らし、200円の複勝馬券一本で十分という境地。

プロとして生活していないとなかなか出来ない、「生き金」と「死に金」の判断とメリハリのつけかた。
リーマンになると、これがまずできない。

 

「三連単で勝負していれば・・・」なんていう武勇伝にもならない結果論は、「あの時、買ってさえいなければ」という事例の多さに耐えられぬだろう。大数の法則で。

 

競馬で、買う気も無かったレースを、あれもこれもと次々朝から全レース買った挙句、結局、勝負レースをしとめたのにほとんど利益無しなんてことになります。ちなみに、現在の小生は、研究せずにギャンブルに参戦するのは阿呆だという持論から、ここ数年、一切馬券を買っていない。その理論に欠陥があるとしても、研究しつくしても勝てぬというのに、研究せずに一瞬の勝利を得ようとするための「死に金」を使うことに意味が無い。

まぁ、若かりし頃、約7年あまりをギャンブルだけで生活していた身からすれば、この辺のストイックさは、アスリートに通ずるほど徹底的だったわけですが、ただの趣味だと甘くなります。
命の次に大事な金を賭けておいて、これは遊びだからと言い訳すると、無駄な弾をたくさんぶっぱなしてしまいますよね。
ジャニーズオタクの女は全員死んだほうがいい。死なないなら殺したほうがいい。御国の為に。

 

さぁ、
ドル円の、中期での反転ゾーと公言してきた、120.28~120.38円が、雇用統計発表、総選挙を前にして迫ってきたので。ここで、

 

大衆心理の裏を行く、逆張りショートをどれだけピンポイントでぶちかませるか・・・

 

といきたいところですが、そのためには、理論的に明確なストップ値も同時に弾き出されていることが必須なので、それを、しかと見極めたいものです。

まぁ、2008年のユーロ危機時、3日間ナイアガラし続けたユーロ円をリアルタイムで増資複利で全力ショートしたのに、翌月にはその利益を全てすっとばしているようなギャンブル親父なので、決して真似せぬように。

pixta_3922521_M

 

入金なしで3.000円ボーナス+50%入金ボーナスプロモーション
XM 口座開設