未来は

今年が、ドル高円安基調で推移するだろうというコンセンサスは、
「米国の金融緩和終了、日本の追加金融緩和期待→金利差拡大、ドル上昇」という考え方からなるものだと思いますが、しかし、実際の相場展開は異なり、今年頭の105.43円から調整相場が続いています。
あまねく、経済学者が予測する展望や未来が当たったのを見たことが無い。

そもそも、ドル高のコンセンサスは、米国経済は成長軌道にのり、政治混乱は回避されるという、前提にあるものだが、
「コンセンサス」=「多様な利害関係者の意見が一致」が全て正しいとは限らない。

有事も災害も金融ショックも起こらない。という前提の平和思想は、憲法9条に固執する護憲論者らに似ている。
社会は、常にリスクがつきもので、リスクをとらなくてもリスクのほうが勝手にやってくる。

ちなみに、今ゴシップで話題の、STAP細胞小保方晴子女史(1983年6月29日生)は、0学占星術で冥王星人であり、まさに今年、大殺界の年の幕開けだった。 
0学占星術をぱくったのが、悪名高き細木数子の六星占星術だが、わかりやすくこちらで考察していくと、火星人(-)であり、「独自の世界観を 持ち、リーダーに向くが、変人と評され、たまに支離滅裂な考えをする。」という、いわゆる変人と言われる人は火星人が多い。

ちなみに、小生、生年月日を知らずに、二択で相手が何星人か当てるのが特技である。
その奥義?の分かりやすいひとつが、とんでもなく性格が悪い奴がいたらだいたい火星人だということ。
仕事するたびに、金に汚く、暴力的で、異常性欲だったら、だいたい在日韓国人だという確率と同じである。
セックスがスポーツ感覚で3P、レズ、不倫・・・なんでもありの女は、だいたい月星人(天王星人)で間違いない。
相手が後腐れない人間かどうかで遊び方も変えられるし、木星人、土星人は重い人が多いので遊ぶには気をつけたほうがいい。
ちなみに、小生は土星人。
「浮世離れした一匹狼で、一点張りの相場に強い」と、いうような 、よく言えば孤高のギャンブラーである。

「本質とは、極めてシンプルである。」を実践してくれたはずだった小保方女史に騙されたことには残念だったが、
それでも、まだ「博士という資格など意味が無いから、コピペだろうが十分。騙されたほうが悪い。」「STAP細胞は、捏造ではない」と信じたい。
こういう小生は、結局、こういう女をシンデレラと言い、騙されるのだろうなぁ。

 

さて、女も見極められない奴に社会情勢など見極められるわけもないのだが、

 

・市場に混乱と動揺を与えた、イエレンFRB議長のデビュー戦。

・ロシアに対する、欧米の追加制裁踏み切に対する警戒感。

・日本の消費増税実施に伴う企業業績への影響。

・中国の景気や金融に対するリスク。

 

週末のクローズ値は、およそウクライナ危機を受けた3/14の安値と、FOMCを受けた3/19高値の半値となっています。
市場は常に迷っている。常に適正価格ではない。

情報過多の世界、その情報の群れを、全て正確に精査し正確にアウトプットできる人間はほぼ皆無だと思う。
情報群の中から、本質だけを見極めようとする行為は、来週のドル円レンジは99-105円です。と言うのは、アナリストという別次元の世界の話。
彼らが、常に「悩ましい位置です。このスウィングは上昇ともとれるし、さもなければ下降する可能性もあります。」
って毎度毎度、糞みてぇに同じようなこと書いてる奴は、誰とは言わぬが、それこそ「コンセンサス」てやつから逸れたくないからだろう。
空気を読み大衆心理の権化になり下ることで、安心する。

外れても責任持たぬが、そのかわり批判も受けねぇぞ、この野郎。というアナリストは絶対にいない。

ロシアに天然ガス依存している欧州は、どうせ形だけの制裁に留まるだろうって??

ウクライナでは欧州の強力な制裁は、欧州のロシア天然ガス依存から難しいと言われているが、
昨日の欧州連合(EU)首脳会議では、天然ガスの確保でロシアに大きく依存している現状からの脱却を急ぐことで合意。
EU首脳会議声明で「エネルギー供給が突然途絶した場合、EU各国は団結を示す」と強調。

天然ガスで脱ロシア=「エネルギー同盟」構築へ-EU
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2014032200009

数年前、中国が日本に対する経済制裁としてレアアース輸出を規制してくれたおかげで、レアアースに変わる代替戦略が成果を上げ始めているように、日本はピンチをチャンスに変える精神性を持っていることを誇りしよう。

日本の最新技術はレアアースを必要とせず
http://silverzeus.blog.eonet.jp/second_life_of_boss/2010/10/post-3dc4.html

 

「原爆、サリン、原発。」

もし、神様という奴がいるなら、神は、日本人にだからこそ「原爆、サリン、原発」という試練を与えた。
これら人類に関わる問題に、理知的に明確な答えと対応を、未来に世界中に提示できるのは日本人以外に存在しないからだ。
と言えば買いかぶり過ぎかも知れぬが。

 

中国は、人民元が週間で過去最大の下げ幅。
(投機を抑制する手段として意図的に大幅な下落を仕組んでいるとの指摘もあるが。)

3/24発表の3月HSBC製造業PMI速報値 2月の改定値は48.5、3月の市場予想値48.7を下回る場合には、日本株にとってネガティブ材料になると言われているので注目。

世界経済回復をぶち壊し、金融危機を起こす可能性のある国として、中国だけでなく、日本もあげられている。
消費税増税により、経済成長が減速が見られた場合、海外勢にアベノミクス終焉として捉えかねられない。

次の金融危機、震源地は日本か
http://jp.reuters.com/article/jp_column/idJPTYEA2G02620140317?pageNumber=1&virtualBrandChannel=0

 

こうなるとやはり、ヘッドアンドショルダー、ドル円45週サイクルからも、4月末に底をつけるのだろうか。

 8h

 

だが、日本は死なない。

 

未来はそんな悪くないよ
Hey!Hey!Hey!

人生捨てたもんじゃないよね
あっと驚く奇跡が起きる
移民ともどこかで愛しあえる予感

 

なんてな。

 

本日のBGM

恋するフォーチュンクッキー Rock Musician Ver. / AKB48[公式]