月と金星と

ドル円チャートにおいて、金星逆行期間中につけたトップ、ボトムは、32~52日サイクルとっなっています。

金星と黄金比 -ドル円展望(2013/12/16~)

 

■金星逆行期間中につけた、安値から次回安値までののサイクル

2002 58日サイクル
2004 (3ヶ月更新されず)
2005 41日サイクル
2007 87日サイクル
2009 35日サイクル△
2010 54日サイクル
2012 52日サイクル
2013   ?

 

■金星逆行期間中につけた、高値から次回高値までののサイクル

2002 39日サイクル
2004  (1年半更新されず)
2005 32日サイクル
2007  (現在まで更新されず)
2009  (4年間更新されず)
2010            △
2012  (3ヶ月更新されず)
2013  ?

ドル円日足チャート
20140117

現在、金星逆行期間中のドル円は、

2013/12/30 高値 105.43
2013/1/13 安値 102.84

となっており、この高値、安値が1/31まで更新されない場合、
特に、1/13につけた安値は、32日後にまた米のデフォルト危機に直面?

高値サイクルについては、その後かなりの長期間において更新されないことから、
満月のように、人間心理と逆行する動きが多いとも感じています。
まさに先週1/10の雇用統計後から、昨日の満月の日までの見てもそれを顕著に表しているような。

ここからの結論は、しばらく(約30日)

2013/12/30 高値 105.43
2013/1/13 安値 102.84

の、2~3円のレンジ推移と見立てます。
別に、金星逆行期間中ではなくとも、波動は常にこのような動きをしているでしょうが、しばらく、あるいはかなりの期間、高値更新は無いと見立てることにします。

 

■均衡点が複数あるゲーム

「均衡の概念を用いれば、同時進行ゲームの堂々巡りを完全に解決できるだろうか。
残念ながら答えはノーである。
ゲームらよってこのような均衡点が複数存在してしまうものもあれば、全く存在しないものもある。

また、均衡に至るためにはもう一段高度な考え方が必要なものもある。」

———-戦略的思考とは何か 【エール大学式「ゲーム理論」の発想法】

 

均衡点は何処だ。

 

本日のBGM