新月の夜に、月影すら見えぬ

本日のドル円の動きですが、昨日、調整警戒と見立てたとおりに、高値更新後に上昇チャネル範囲内での調整中です。
添付画像は、リアルタイムの5分足ですが、きっちり1円下げたあと、これまたきっちり38.2%戻すという神の悪戯が、この短い足の中にすら見られます。

ドル円5分足

20131204_3

 

この調整がどこまで深くなるかは、明けて本日の11月ADP雇用統計の指標結果にも関わってくるかも知れませんが、ファンダ的要素をもとにラインを引くことはしません。
単純に、まだ時間足の上昇チャネル内での動きなので、どこまで調整しどこから反発しそうかはリアルタイムで注視していこうと思います。

 

ドル円4時間足

20131204_4