左翼の本質

閑話休題。暴露ナイト。

(注、相場とは全く関係ありません。)

反原発、特定秘密法案反対をFacebookに投稿したり、Twitterでリツイートしている女は100%馬鹿である。
非難轟々上等。文句あるならかかってこい。

そういう馬鹿女に限って、坂本龍一をフォローしている。間違いない!
そこで、八ッ、としたそこのお前だ。
おまけに、福島瑞穂、有田芳牛、香山リカまでフォローしていて、K-POPファンと言った日にゃ、
とっとと大好きな韓国旅行でも行き、安い整形で顔面崩壊して、韓国人にレイプされて殺されてくれと言いたい。
いや、それじゃ足りぬから死姦もされたらいい。
そしてニュースにすらならず、愛国無罪で、暮らしの果てにただ散れ。

「無知は罪なり、知は空虚なり、英知持つもの英雄なり」
ソクラテス

■労働組合=屑人間の墓場

以前に少し書いた、小生が国土交通省関係の役所の労組で強制的に左翼活動をさせられていた時代、まず入社早々、仕事より先に労働組合の長期研修で缶詰にして洗脳活動が始まる。

だいたい役人、しかも上級職ではなく小生でもなれるレベル下級職の連中だから、学生時代、政治への関心はおろか、ろくに自分の主義主張も無い。
人間としての魅力も無い。ただの能無し人間の墓場である。
そんな、

・知識だけ詰め込んで頭のいい振りして、
・アウトプットができない
・自分は優れていると勘違いしている

いわゆる、理系、官僚的な馬鹿は、「国民は馬鹿だから、俺たちが国のために必要なのだ」
と思っているのです。

入社して、数ヶ月で、それまで政治も糞も興味無かったこの馬鹿連中が「マルクス主義」とか言い出すことになります。
あるいは、専門書で勉強していい大学入った奴が読んでいる歴史書には、三一書房等、完全にアッチ系の民族が資本の出版社が、歴史捏造デタラメの専門書を発行しており、それを本質を見抜けずに、信じ込む間抜けな連中が役人なのです。

 

役人試験のひとつで「数的推理」というのがあるのですが、
これには絶対の自信があって、高校の模擬試験では常に「数的推理」のみ、試験時間内余裕で終わり100点満点を何度かやり、全国で10位以内
に入り、何より回りがびっくりして、ふざけて役人試験を受けたら何かの間違いでそこに入ってしまったというだけなのです。
本当に。
ただ、これが今のパターン認識につながってるのは面白いものです。

 

まだ10代で、何のバックボーンも政治信条も無く、香山リカのような薄っぺらい中二のパンクカルチャーで、
赤旗を読み、反天皇、爆弾闘争上等、東アジア反日武装戦線を敬愛していた小生の敵としての矛先は、いつしか左翼に向けられることになります。

なにしろ、知れば知るほど嫌いになる韓国では無いが、洗脳教育されればされるほど、その矛盾に一発で気づくことに。
思えば、何の勉強もしてこなかった小生が役人になれたのは、過激な左翼思想を持っていたからではないかとさえ。

ところが、

「てめぇら、ふざけんな。
能無しだから役人になったくせに、何が賃上げだ、この野郎。
馴れ合いで形式的な労組は、宗教、セックス教団と同じ。」

組合の機関紙のインタビューでこのように語った、当時の小生は、即、労組委員長から呼び出しをくらって説教をうけることになります。
そこで、30も年上の人間に、

「じゃあ、お前は今までどういう人生を送ってきて、どういう脳みその過程を経てそういう思想を持つのか、理論的に説明しろ。
それをできねぇで、これ以上、マルクスマルクス言ってたらぶっ叩くぞ。そんなに資本主義を否定すんなら、コミューンで集団生活でもしろ。
資本論を首に口に突っ込んで窒息死したいか。この糞ボケが。」

とかますような小生が長く続くわけはありません。

当時、組合スローガンのひとつに「コンピューター化反対。」というのがありましたが、
これは、人員を削減させないための闘争なのですが、コンピューター化すれば人を減らせるのに反対する。
これが全てにおいてなので、1日じゅう何も仕事が無い、非常勤務のババァも、何十年も首を斬られることなく、おまけに何十万の賞与までもらう実情。

 

■選挙違反

労働組合の委員になると、当時小生の居たキチガイ役所では、職場に席だけ置きそのほとんどを組合活動に費やすことができます。
これを「専従」と言い、管理職と暗黙の了解ができています。
そもそも、管理職自体が数年前までは組合員なのですから。

選挙時期になると、
1人最低数十人の紹介者カードを書くことを強制されます。
そして、その紹介者カードをもとに鼠算的に、連日、法律内の夜9時まで戸別訪問して投票の呼びかけ運動を強制されます。
日当は、確か当時で900円とおにぎり二つです。
それを何十回もです。

正確には、選挙違反すれすれなことをやらされますが、労組専門の左巻き弁護士がついていて、通報されたり、裁判までなった場合にどういう対応をすればいいかまでマニュアル化されています。

デモ活動は、もちろん日当がでます。当時で1回300円程度。
デモだけでなく、反戦集会、平和集会、メーデー、的なものはだいたい若いうちは勿論強制参加です。

若いうちは安い賃金の何も知らないガキを洗脳してデモに強制出動させるのは、これも資本主義じゃね?

 

そういう集会も、他単産との乱交パーティーみたいなものなので、勉強しかしてこなかったような糞ださい連中は、皆、お金もらって乱交パーティできるといって左翼に洗脳されるのですから、これを宗教と言わずして何と言うのでしょう。
勿論、それ以外の飲み代、風俗代も、全て組合費から出ます。
年金使い込みならず、組合費の積立金を横領し、競馬に数千万円使い込み、自転車操業していた人間もいました。
ここまで書くと訴訟されそうですね。

■教育再生

安部内閣による教育再生により、「道徳」の強化が急がれています。
おそらく、在日連中が日本の道徳の教科書に口を出し始めるでしょう。

創価学会や共産主義革命分子が、暴力闘争を諦め、司法、法曹界、出版界、メディア、政治に在日の人間を送りこむことに革命の矛先を変えてきた歴史からもすべてお見通しだ。

「道徳教育をすると愛国心を植え付けて戦争をしそうだ。」と言い出すのは当たり前として、

 

つぅか、道徳教育を批判するということが、「人間の根幹部分」で間違っていることにすら気づかないというなら、あなたは人間失格とまでは言わぬが日本人にふさわしくないから、他の国で暮らしたほうがいい。

「気に入らないことがあるとすぐ人を殴り、すぐ人の物を盗み、それが見つかっても決して謝らず、息を吐くように嘘をつき、すぐ人を妬み、嫉み、人の足を引っ張るだけで自分は何の努力もせず」

「西に、泥酔して寝ている人いれば財布を盗み

東に金が落ちていれば、天の恵みと黙って持ち去り、

南に溺れる犬いれば、皆でさらに棒で叩き、

北に倒れたトラックあれば、そこから魚を持ち去る。」

 

そんな人間になりたいなら、好きにすればいい。
ただし、小生の半径50mには立ち寄るな。
犬食い、クチャクチャすんな。集団でデカイ声でわめくな。

 

「そんな友達でも、みなさんと同じ人間です。みんなお手手つないで仲良くしましょう。」

とか言い出すだろう。
そういう連中に限って、障碍者を差別し、障碍者が生まれると殺したりする民族なんだろ。

どこの生まれだろうが、身体不満足だろうが、悪いことをしたら悪いと言い、いいことは良いと言う。
例えば、五体不満足の乙武氏が、横入りしたらきちんと文句言う。当然だ。
これこそが本当の平等、非差別。

在日だから、身障者だから、という理由だけでやさしくするのは「偽善」と言うのだよ。
やる偽善より、やらぬ偽善。

 

つまるところ、一番の悪は、洗脳された職業的反日と、潜在的左翼に洗脳された市民。ということになります。