外食産業と本質について

カビの生えた鶏肉を、長い間中国人に食らわされた皆さん、ごきげんよう!
余談だが、本日、この北海道で中国から飛来したPM2.5が従来のの基準値の8倍だと。
ふざけんなよ中国、この野郎。

 

 国連に刃向かって、ヘイトスピーチしまぁーすw。


見るからに在日顔で、朝鮮屠殺業者のツテで、屑肉、成形肉の厚さ1ミリの肉をステーキと偽って販売していると思われる外食詐欺産業経営者の「ステーキけん」の井戸坂が言うように、

「多少の毒でうろたえるな、アゴと体を鍛えろ。貧乏人はだまって食ってろ。軟弱日本人は自然食だけ食って死ね。」と言うような人間がいることはさておき、
(在日じゃねぇって?知らねぇよ、糞。そう誤解させたなら、おまえがブサイクだなのが原因なので、逆に謝罪を要求する。)

 

「ユーザーは馬鹿だから、ユーザーの言うことなど聞かなくていい。」と言ったスティーヴ・ジョブズ(元Apple CEO)。

「ユーザーは馬鹿だから、産地偽装など気づかないだろう。」


これは同列同次元の話では無いのだが、食の安全にまつわる話になぞらえ、珍しく本業のお話。


小生がウェヴ屋になって早15年近く。
現在、全世界のWebサイトの40%近くが「CMS」と呼ばれる、サイトの更新管理システムを使って構築されていますが、そのサイトの中で、「WordPress」が50%以上のシェアを持っています。

世界には数100種類以上の「CMS」がある中、WordPressが市場の過半数以上のシェアを占めているわけですが、小生の本業の会社では、下記のGoogleトレンドを見て分かるとおり、2006年当時、シェアは増えつつあるが、まだ新興勢力のCMSに過ぎなかったWordPressを、ビジネスの主軸として方向転換しました。

wp

 

当時は、「WordPress」より別のCMSがシェアを占めており、ウェヴ屋の大半も他のCMSを推していたのが現状です。
彼ら技術者は、聞く耳を持ちませんでしたが、理系、技術者に偏向した思考には聞く耳を満たないので、強硬に「WordPress」に方向転換した結果、現在ではそれまでの期間のノウハウの積み重ねは勿論として、現在のビジネスにも繋がっています。


これが株なら、まさに将来の有望株をずばり安値で全力で買ったと同じなわけですが。

 

当時のWeb業界の中小企業のビジネスモデルと言えば、今から考えればぼったくり同然の制作価格を取り、管理費として毎月数万円もらうというのがスタイルが主流。

それに対して、「CMS」を導入するということは、Web知識の無いクライアントでも、ブログ感覚で自由にサイトをデザインまで含めて更新管理できるということであり、それはつまり、その既得権益を手放したくない(と、言っても当時は、まだネット黎明期)者たちにより、新しい概念は排除されるような風潮にありました。


しかし、その過去のビジネスモデルとは、仕事は増えたが、ウェヴ屋は、いわゆるIT土方であり、仕事は増加したものの会社が拡大するほど社員を増員せねばならず、結局、人件費で利益は減少していくという悪循環スパイラルに陥ります。
その古臭い既得権益をぶっ壊して再構築するためには、既成概念を否定するところから始めなければならない。

 

クライアントも馬鹿では無い。
意図的に、「これは、フルスクラッチで構築したシステムなので、プログラマーで無いとカスタマイズも行えないし、おまえらはろくに更新管理できるわけねぇだろ。ボケ。だまって、ウェヴ屋に頭下げて金払っていればいいんだよ。」という、勘違い、ノータリン、菊川怜、茂木健一郎のような、知識だけはあるが応用力皆無の、高学歴だが他人の心理を読むこともできない、自分は優れていると思って疑わぬ、糞人間を産む。

 

「価格、スピード、クオリティ。」
小生が役員会みたいなもので、昔からうるさいほど言っているのが、これを全て妥協することなくバランスよく満たすことです。

ユニクロ、吉野家や、その他飲食業界は、【商品】そのもののクオリティを、頭から除外していることで万死に値すると考えている。


飲食業界なのに、「どれだけ原材料のクオリティとコストを抑えるか」、
アパレル業界なに、「どれだけファッションを排除するか」、

を考えるという、本質を見極めない企業、すき屋、和民、ユニクロ・・・。
こういう、デフレ時代には通用した貧乏人をターゲットにしたビジネスモデルが次々と崩壊していく様がたまらない。

 

「価格、スピード、クオリティ。」
これらを共存させることは、中国の食産業者で、安かろう悪かろう食材を仕入れることではない。
ビジネスモデルの最初の設計に、「価格、スピード、クオリティ。」を共存させるためのアイデアが練り上げられていなければならないのではないか。
馬鹿な飲食業、アパレル経営者陣は、仕事があるだけ十分というデフレ時代に、労働者を奴隷とすることをビジネスモデルだと勘違いしたが、皆さん知っての通り、その浅薄なモデルはすでに崩壊したのだ。


「ユーザーは馬鹿、労働者など使い捨て。」
これが根本にある企業が、優良企業であるわけがない。


「ユーザー、客など、しょせん貧乏人。
お前らは、朝鮮民族の屠殺業者から仕入れた、屑肉、成形肉からできた暑さ1ミリのステーキを、馬鹿面下げて、うまいうまいと食ってりゃいいんだ。
肉が固い?黙れ貧乏人。おまえらは安い肉食ってアゴを鍛えろ。」

「水が欲しい?はぁ?じゃあ800円な。面倒くせぇな、この野郎。年収800万円以下の貧乏人が言うな」

と発言するような、炎上商法、居抜き店舗でのハイエナ戦法をする「ステーキけん」、整形ナルシストキモメン「川越シェフ」は、地獄に堕ちることだろう。

 

阿呆類馬鹿族整形類 脳味噌奇形
photo

 


まぁ、こいつらは中国人同様、地獄に堕ちようが、それまでは他人を騙し殺しまくってでも金を稼ぐというメンタリティを持っているので、どうしようもねぇんだ。こういう連中は。
リスクを負って殺す価値も無い。

 

つぅわけで、アベノミクスはGPIF公的年金運用改革で、日本の年金財源を再度崩壊させるのはいいが、それと同時に、携帯ゲーム屋を含む、以上の糞企業を叩き潰せ。
法人減税により、まともな思想を持つ経営者、企業を生かすこと。

ウーマンパーワーを生かすことだ。ただし、真に頭のいい女性経営者だけをいかさねばならない。

携帯ゲームはやるな。ユニクロに行くな。ファストフードで食らうな。ということ。
勿論、コンビニの弁当も。

もっと言えば、福島産の食物も。
反原発で、福島産を応援している連中は、実は誰も福島産など食らわず、何もわからない日本人に「応援のため福島産を応援のめに食べましょう」と言っているレベルなのだ。
かつて、厚生大臣の菅直人がカイワレ大根食ったアピールより下等。


さて、今週末は、全国で行われるF反日反原発、左翼のデモで、反日反原発デモ、カルチャーを、出会い系になぞらえた連中に騙された、踊る阿呆と踊らされる阿呆=どっちも阿呆、を、観察に行くとするか。当プログが更新されなくなったたなら、それは連中に集団暴行を受けて入院したか、逮捕、投獄されたかのどっちがたと思って欲しい。

そんな中、相変わらず、この日本は、「イケメンを探せ」というローカルラヂオ番組で、「どこどこの店の○○君に会えたので、もう死んでもいいくらい幸せです~」と投稿しているように、頭の悪い女どもが、今日も平和だ。そして、この馬鹿女は、ウクライナで何が起きているかも知ろうともせぬし、そそれを知らぬまま、へらへら笑ったまま死んでいくのだ。

今から数十年前、美人コンテスト、美人をさがせ、というイベント、TV番組に、あいつらババァは発狂寸前で耐えてきたのは理解してやるわ。
だがな、それと、ジェンダー思想、繁華にち、ユニオンは別物だ。

「頭が悪いゆえに」、反日に洗脳された脳みそが奇形の糞はばぁ。羊水が腐ったなら、政治に口出すなってことだ。
香山リカちゃん。アンタもたいがいにしとけよ。
ダイインしたまま死ね。

 

輸血を拒否して死ぬエホバの商人。
反原発だから、咽頭癌だけど放射線治療はしません。坂本龍一。
対立する宗派の民族は殺す。

 

何が原理主義者だ。糞が。ただの洗脳された自己中心人格じゃねぇか。
人をも殺して「原理」だ???????。創価学会。


本質を見極めよう。