一0三円の攻防へ

「102.30 – 80を明確に上抜けしたなら、次のステージへ」と昨日見立てたところですが、
本日、あっさり102.80円も上抜けてきました。

ブレイクダウンからのブレイクアウトに違和感あろうと、自分の感性よりハーモニックパターンのほうを信じます。
数日前まで100円ターゲットと言いながら数日後には103円と言えるフットワークはハーモニックパターンによるもので、常々体験してきたこととして、「感覚的には売りなのだが、ハーモニックパータンは買いシグナル発生。」
こういう場合、得てして、自分の感性より、ハーモニックパータンのほうが正解であるほうが圧倒的。

なので、昨日、102.30を明確に超えたなら新たなThe Bat(コウモリ)パターンによる買いシグナルが出るだろうと見立てたところです。

ドル円日足
1d

 

本日中の103円超えは想定外でしたが、結果的に昨日、第1上昇ターゲットとした103.25まであと10pipsまで迫ってきました。
あとは、このThe Bat(コウモリ)パターンのCD波がどこまで上昇するかを、それぞれのフィボナッチポイントの節目節目で見極めていこととします。

上昇ターゲットは、昨日と変わらず、

BC波127%  103.25
BC波141%  103.46
BC波161.8%  103.82

さて、開けて本日は雇用統計。
「雇用統計前日から、大衆がポジション整理る前にじり上げ→統計発表後に急落」というパターンは、ここ最近のパターンですが、さぁ明日は?

個人的には、新たなThe Bat(コウモリ)パターンで、4月末では円安でも想定内とする。
しかも、このパターンが平常に進んでいくと104円まで達するなんだよなぁ。

 

今週は、本業のウェヴで、先週に続きサーバー会社のまた別のミスにより、データベースをクラッシュするというさらに最悪な状況に陥り、(しかも、バックアップ用のサーバーも、1年前に止まってました、という最悪な。)
しつこく狙ってきたイグジットポイント101.50円で利食い決済できたたのを見届けただけで、ほとんどポジションを動かす暇も無く、為替どころではない多忙な週であったが、逆にそれが功を奏し102.30からの新規ロング→102.80決済できたのも皮肉である。

ピンチはチャンス。

明日はどっちだ。

 

本日のBGM

Orbital – Belfast HQ