ユーロ円解析(2014/8/26)

憎たらしいくらいの雨と南風が、国民に降り注ぐ。容赦なく。

雨音はショパンの調べ?そんなん上品な感性など、あいにく持ち合わせていない小生は、今日も自分の間合いと時間軸を、これでもかと妨害してくる、「日常」というやつに喧嘩を売り続けている。

 

さて、ユーロドルは、本日の未だ閉めぬ下窓により、数ヶ月前から中期で下降ターゲットにしていた1.319ドル円台に到達したので、ユーロドル全エントリーイグジット!決済。
それにしても、ロスカットを設定する変わりにハイレバフルスイングで遊ぶと、最終的には生殺しのようにジリ貧になっていくのが常だが、結局、生き残るのは100倍程度の低レバレッジ(と言っても、国内レバレッジ制限以上だが。)の口座なんだよなぁ。
ノーポジとともに、あらためて低レバのスイングだけのスタイルを徹底しようかと思索中。
多分、できぬが、それもまた人生。それが俺の歩幅。


EUR/USD 1Day
eu

 

ユーロ円は、前回の記事で、8/1の高値137.99円を超えてくるだろと見立てていたが、再度137.99円で高止まりとなり、ダブルトップ状態。

4時間足、日足とも、ここから上昇の可能性、下降の可能性、どちらのシナリオの可能性もあるチャートになっているので、まさにノーポジションで様子見が正解と考えます。
早期利上げ観測によるドル買いと、一度円高を試すはずだと推理する者、ウクライナ情勢に阻まれ、どちらにも動けないというのが現在のセンチメンタルとされているのだろうか。

 


EUR/JPY 4h
ey1

EUR/JPY 4h
ey2

 

 

ヘイトスピーチに対するカウンターに、虐げられて大人になった連中が、いじめられている韓国人可愛そうと共感するのはてめぇの勝手だが、浅薄な思想を、ガキと女に洗脳して、政治を軽々しく批判し銭儲けするな。

 

全ての日本の糞ミュージシャンどもへ。

 悔い改めろ。