ワロス曲線 ~ドル円展望(2014.2.10~)~

2月7日、S&Pが、トルコの格付け見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げ。
さて、1998年のアジア通貨危機時の出来事とドル円チャートを時系列にしてみます。

1997-1998アジア通貨危機
asianshock

 

このチャートが、現在のドル円日足のチャートと酷似しているかは知らぬが、韓国は、IMF管理下になったこのあと3度も通貨危機に陥っています。
この時を、韓国は、「朝鮮戦争以来の国難」と評したが、
現在の韓国の国内銀行の経営問題の深刻度は、アジア通貨危機やリーマンショック以上の危機だという。

j003
j004

しかし、日韓関係が悪化すれば、国家滅亡の危機にさらされるのは韓国のほうだと誰でも分かると言うのに、
反日を推し進め、日韓スワップ協定延長せず。世界的ロビー活動で日本を世界的に孤立させることに、必死の形相である。

韓国のことわざに「川に落ちた犬は、棒で叩け。」というのがあるそうですが、
今の韓国は、「溺れそうなら、あいつの足を引っ張ってでも自分は生き残れ」というところ。

その一方、韓国国内では、年金財源確保できず、失業者やホームレスが街にあふれ、こいつらによる日本人狩りが行われているという。
朴槿恵は、両親と同じく暗殺されるのだろう。

しかし、主要なポストには不可解なくらいに韓国人がついているという謎。
財閥出身者等で豊富な資金力がものを言うってか。

■IMFアジア・太平洋局長 李昌鏞 初の韓国人が任命

■FIFA副会長 鄭 夢準

■国連事務総長 潘基文



d003
d004

この1997-1998の通貨危機時のチャートが、現在のチャートと酷似しているかどうかは別として、
当時の日本は緊縮財政だったという点で、現在の金融緩和政策下の日本とは状況が異なるので、20円の暴落があるなどと予言はしないが、
まさに来週のイエレンFRB議長講演にて新興国へのケアについて言及があるかどうか発言には注目。

金融ショックは、問題が沈静化したと見せかけた後に本格的なやつがやってくることが多いのは、「歴史は同じことを繰り返す」のとは少し異なり、
自然の摂理ではなく、人間(へッジファンドによる、仕掛け)が同じことを繰り返すだけなのでは。

それでも、歴史、暦とは、時代、トレンドにより形を変えながらも結局同じことを繰り返す。
そして、中国は2014年、日本領土を捕りにくる。

 

今月末に迫った、米債務上限問題。
2011年の米債務上限問題による「米国際ショック」時のチャートも時系列で見ておきます。

 

2011米国際ショック
usashock

 

さて、都知事選での「宇都宮健児の得票数=東京に巣食う阿呆日本人と左翼の数」というファンダメンタルで、阿呆の数を数字で明確化できるのと同じように、先週のドル円1間足チャートでは、雇用統計発表で、はかったようにthe Bat(コウモリ)パターンCD波61.8%リトレースメントぴたりの101.46まで下落。
指標時のレーザービームで一瞬で調整を完了として、そのまま上昇(下降)するケースもあるが、上昇したとしても、それは推進派ではなく、エリオット上昇5波終了後の、調整B波に過ぎぬという仮定で。

ドル円1時間足
1h

ドル円日足は、the Deep Crab(カニ)パターンと見立てています。
2013年7月を起点として、AB波が深い戻しの後、さらにA波ボトムまで下げ、そこからB波TOPを超え、BC波261.8%まで上昇、
その高値が本年の高値となり、そこからはリバーサルし巻き戻しの相場となっています。(一般的にはダブルボトム。)

 

ドル円日足
1d

ターゲットは、

CD38.2% 102.24 到達済み
CD61.8% 99.95

 

本質を見極めよう。

韓国のポップスター?小生にはこのように映るのだが、ファンは頭悪い女ばかりだからか、ブームが捏造だからか、それとも美的感覚というものが無いのかね。。

kara2

 

c001
c002

本日のBGM