ドル円展望(2013/12/9~)

週末に、様々な推理をしたためましたが本日時点でのメインシナリオをまとめてみます。

プライマリーシナリオとして、
AB波は、XA波の75.5%まで戻していることに注目します。(画像参照)

ガートレー222、バタフライパターンでは、78.6%が理想のリバーサルポイントですが、まさにリバーサルポイントぎりぎりのところまで戻してきました。
78.6%戻しは、ほぼ103.0円ぴたりなので、ここでいったん反発するかどうか。

XA波 12/3高値 103.36 – 12/5安値 101.61
AB波 12/5安値 101.61 – 12/6高値 102.93 (75.5%リトレースメント)

 

ドル円4時間足

20131208

 

BareButter

 

103円を明確に上抜けしない場合、バタフライパターンを形成しにいくと見立てます。
バタフライパターンだと、103円で反発したあと、38.2%、あるいは88.6%まで戻すのが理想です。

■103円で反発た場合の、下値ターゲット
38.2%リトレースメント 102.47
88.6%リトレースメント 101.77

 

先週の安値101.61も、時間足の平行チャネルで下値をきちんとサポートされていることと、強気トレンドなので、
38.2%リトレースメントで102.47をまずは下限ターゲットとみます。
そこからさらに上に反発した場合の上値ターゲットは、103.74あたりであり、まさに今年の高値とほぼ近似値になります。

■下値ターゲットで反発した場合の、上値ターゲット
102.47の161.8%エクスパンション 103.74
101.77の 261.8%エクスパンション 103.83

 

ドル円8時間足
20131208_3

 基本的には、中期上昇トレンドだと思われるので、 戻り売りではなく、あくまでも下げたら安値のロングを拾っていくスタンスだと思います。
実際、来週に一旦調整が入った場合、6週連続で上げた過熱感、FOMCまでの様子見など、いくらでも後付けの理由が出で来るでしょう。

明日すぐにでも103.0円ミドルをあっさり明確に上抜けしていった場合は、このメインシナリオは崩れるので、
その時はフラットによるシナリオに移行します。